孫と木の家

アクセスカウンタ

zoom RSS 床の掃除・無垢材のお手入れ・U

<<   作成日時 : 2008/12/15 09:31  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

床の掃除を兼ねて『自然塗料』塗りです。

我が家も建て直しから5年目を向かえ、木の表情にも落ち着きが出てきました。

この時期は木も乾燥をしており、『自然塗料』を塗るには良いと考えており、我が家では初めて塗り直しをしました。

電解洗浄液で掃除、雑巾がけをした後に塗装をしていきます。

写真では分かりにくいですが、塗る前と塗った後です。
木目がはっきりするように感じられると思いますが、ウレタン塗装や着色塗装と違い、ツヤなどは余り出ません。木本来の質感を損なわない塗料です。
画像
画像


そこでこの『自然塗料』とは?

世界を代表するもので『アウロ』『オスモ』『リボス』言われる自然塗料からホームセンターなどで売られているお値打ちな自然塗料までいろいろありますがどう違うのであろう。

実際のところ、各社良いことはいろいろ説明しているがよく判らない。私共が実際に使ってみて、お勧めしているのが『キヌカ』である。施工性が良いのである。塗りやすく、ベタ付きが無く、臭いが気にならないのである。かすかにお米の香りがするのである。お米アレルギーのある方にはだめかもしれませんが、私は優れていると思います。
画像
画像


 施工性が良いと言うのは誰でも出来ると言えますし、塗りやすいと言うのは、時期・気温差など余り影響を受けないということです。
 またベタ付きが無いというのが問題で多くの自然塗料が塗る際に使用する道具(ハケ、布など)をきれいに清掃するか処分しなければならず、手などもベタベタになるのです。
 中には自然発火する恐れのあるものもあり、気を付けなければなりません。
 そして、臭いの問題もあります。自然塗料と言っているのに揮発性が強く換気に注意と言うものが多いのです。


自然塗料は無垢材の呼吸を妨げない塗料で2〜3年目安で塗り直しをされると美しさを保てますと言われており、安心できる安全性・作業性の良いものを使い、木の持つ素晴らしさを生活の中に取り入れて楽しんで頂けたら良いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
床の掃除・無垢材のお手入れ・U 孫と木の家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる