孫と木の家

アクセスカウンタ

zoom RSS ある製品を、購入! 日常の危険

<<   作成日時 : 2008/11/30 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ある製品を、購入しました。

ご家族が安心して、快適に暮らせるような家づくりを
提案させて頂く上で、また、私共家族が暮らしの中の
安心、安全を考えていく上で、見直せないかと購入しました。


製品の事は後にして、驚きの事実を知り唖然としました。
日常、頻繁に使われている物の中にこんなにあったのか!
建築建材の『ホルムアルデヒド問題』どころの騒ぎでは
ないようなと思うほどでした。


それは、生活する上で日常に使われるものの中にある
有害成分の多さです。
皮膚から有害な化学物質を吸収しているかもしれないのです。


私たちが日頃使用しているの日用品の中で、
とくに有害性が指摘されているものに家庭用洗剤の主成分である
合成界面活性剤があります。

よく使われている有害成分
プロピレングリコール(保湿剤)・・・多くの化粧品・シャンプー・洗剤・ベビー用品に含まれている、摂取しすぎると肝臓・腎臓・脳への障害を招くことがある。工業用では不凍剤として使用。

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリルエーテル硫酸塩(界面活性剤)・・・大抵のシャンプーに使われている。皮膚に浸透して血流にのり、脳・心臓・腎臓・肺など生命に直結する器官に蓄積される。工業用では洗剤やエンジンの不要な油膜取りに使用。

エデト酸塩(変質防止剤)・・・皮膚・粘膜に刺激。喘息・発疹などアレルギーの原因となる。

メチルクロロイソアゾリノン(防腐剤)・・・発ガン性物質(タイムマガジン1997年10月14日号)

タール色素・・・タール色素の多くは発ガン性が報告されており、特に青色一号はラットで発ガン性が確認されています。黄色4号、赤色219号、黄色204号は黒皮症の原因となり、特に口紅に使用されている赤色202号は口唇炎などのアレルギーを起こしやすい。

安息香酸(防腐剤)・・・皮膚・粘膜・眼・鼻・咽喉に刺激がある。飲み下すと胃障害を起こす。

トリエタノールアミン(アルカリ剤)・・・皮膚から吸収され粘膜や眼を刺激する。
発ガン性の報告がある。

サリチル酸(殺菌・防腐剤)・・皮膚から吸収される。皮膚粘膜を刺激・発疹を起こす
角膜を剥離する。

トコフェロール(酸化防止剤)・・・弱いが毒性があり

ポリエチレングリコール(保湿剤)・・・発ガン性が報告されている。発ガン促進作用もある。

パラベン(防腐剤・酸化防止剤)・・・パラベンには6種類あり国産メーカーは一括してパラベンとしか表記していません。

ぜひ一度、ご家庭内の洗剤を確認してみてください。
使用量、使用方法を再確認してみてください。
合成界面活性剤を含むようであれば水の多めに使い、
洗い流す回数を増やす事を勧めします。

購入した製品はこの様な心配を無くすための
物ではありますが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ある製品を、購入! 日常の危険 孫と木の家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる