孫と木の家

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑誌記事・導入したい断熱工法

<<   作成日時 : 2008/10/26 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新築計画中の建て主に導入する断熱工法について尋ねる
アンケート調査が載っていました

『外張り断熱』を選択する理由
・テレビCMでいいことを言っているから
・外部から断熱するほうが効率的だと考えます。現在外張り断熱 の方が主流になっている印象をもっています
・特にこだわっている訳ではないが、外張り断熱の方が主流にな っていると思ったから
・光熱費が節約になるから
・省エネ効果が高いから
・断熱効果か高く、結露しない
・充填断熱より熱の遮断ができそう

『充てん断熱』を選択する理由
・木造なので、外張り断熱の場合はサイディングの取り付け強度 に不安がある。また鉄骨系では必要だと思うが木造では外張り 断熱の必要性を感じない
・充てん断熱の方が、部屋の見た目を広くする効果があると思っ て
・冬季の室内湿度管理が容易であるイメージがあるため
・外張り断熱工法は難しい工法で施工できる工務店が限られるか ら
・保温効果が高そうだから
・充てん断熱の方が価格が安いと思ったので

『未定・分からない』と回答した理由
・ライフスタイルにおいて、メリットとデメリットをもっと深く 考えたい
・価格と機能のバランスを考えている
・外張り断熱が言いか、充てん断熱がいいのか、プロに聞いてみ たい
・各断熱工法の仕組みや特徴を理解していない

竣工後、建て主から、『イメージと違った』などと言われないように、外張り断熱を勧める際は断熱効果の違いなどを説明しておこう。と書かれ特集として断熱施工の見えないリスクとして押さえるべき三つのカギ
・断熱層と防湿層の連続性
・空気の動きと温度差に注意
・工事管理の死角をなくす   と記載してある

本当の施工方法とは? 考え方・施工者でいくらでも方法が違いどの断熱工法・断熱材がいいか?
流行や売れ筋で勧める家づくりで本当に確かな、安全な家づくりができるのであろうか?

私自身、以前土壁の家に住み、施工し
分譲住宅・新築住宅などグラスウールなどの施工をし
ハウスメーカーで外断熱工法を施工してきて
いろいろな断熱材・断熱工法の理論を自分なりに解釈し
今、無垢材を取り入れた羊毛断熱材の家に住んでいます
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑誌記事・導入したい断熱工法 孫と木の家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる