孫と木の家

アクセスカウンタ

zoom RSS 『○ッケンホームさん』ラジオ放送で…

<<   作成日時 : 2008/09/07 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

H様邸の現場をみに車を走らせている時のこと。
ラジオ放送で『○ッケンホームさん』提供の番組で『防虫駆除』の話をされていた。

これからの『防虫駆除対策』は定期的にやらなければならない。

今までは強い薬を使い10年保証を付けていたが、薬が人体、生活環境に害があると言う事で弱くなり、そのため保証が5年と短くなり定期的に、点検・処理を定期的にやらなければならないということらしい。

しかし、本当にそうであろうか?

 住宅金融公庫の木造住宅工事共通仕様書(平成10年度版)では、木工事一般事項として防腐・防蟻措置の適用は『ひのき,ひばなど』の耐腐朽性及び耐蟻性の大きい樹種の心材若しくは心持材を用いるか,薬剤による防腐・防蟻処理を行うこととするとしている。この内容は,抗蟻牲や防腐性の大きい樹種(ひのき,ひば,こうやまき,くり,けやきなど)の心材もしくは心持材は,長期間シロアリなどの被害がないので木材保存剤による表面処理は省いてもよいとしている。

また、シロアリの住みにくい環境をつくれば、良い訳で…

 この会社は2×4住宅を得意としているようですが、もともと輸入住宅で、日本の四季・風土とは多少ずれがあり、木材保存剤に頼らなければならないと思います。
けれどすべての家がそうだとは言えないはずです。

床下環境を改善するために、炭や石灰をつかい、換気扇を取り付けといろいろアドバイスされる方がいるけど、ほんとうにそうなの?

 炭を取り入れた製品でもカビが発生するものもあり、効果としてどうなのか?…

 私が健康住宅をつくる上で良いなと思うものに、人体に影響がなく、木材を守るものがあり、10年保証が付くものがありますが、本当のところ保証なんてどちらでもいいとおもいます。
確かなことをしていれば保証なんていらないのに…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『○ッケンホームさん』ラジオ放送で… 孫と木の家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる