孫と木の家

アクセスカウンタ

zoom RSS 家1棟にかかる木材の代金は?

<<   作成日時 : 2008/08/23 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

『木材流通業からみた建築業』の記事の中に、
 昨今、家1棟にかかる木材代金は、建売で建築費全体の20分の1以下、高級住宅と思われる坪100万円クラスの住宅で5分の1以下、たくさんの木材を使用しているお寺の大堂でさえ4分の1くらいだ。
 世の中の大半の人は『無垢材は高い』、『物価の優等生』なんて言う方もいらしゃるが、現況はとんでもない。
 日本唯一の資源、木材を有効利用する事は、森だけでなく海の資源を守り、治山治水のために欠かせない。また、その家に住む人を森に住むような効果で癒してくれる。
 家づくり国産材を積極的に使い、心安らぐものを提供する事は、私たち業界人の使命だと思う。

 このような内容の記事を読み、私共の家づくりをふり返る。
私自身、木の家に住み、趣きある家づくりとして取り組んでいますが、お施主様の好み、生活スタイルで、感じ方が変わるとおもいます。また資源の有効利用、エコロジーという観点から、いろいろ言われるが、私自身、家づくりに必要な木というものは適応適種だとおもいます。
画像

 昔、言われた言葉に『100年かけて育ったものを使えば100年持つし、50年かけて育ったものを使えば50年持つ』10年、またはそれ以下で出来るものでつくられた材を使用した家づくりはやはりそのぐらいではと考えます。
画像

 家1棟にかかる材木代というのはどうであろう。
お施主様の1例(内装写真)で瓦葺き木造平屋建て52.3坪の場合で建物本体2500万程度『柱/桧4寸、主要柱/桧6寸、梁/米松4寸、垂木/桧芯持ち60角、外装/化粧サイディング、内装/桐・杉板or珪藻土塗り』などなどで、木材は478万円(税抜き)ほぼ5分の1ぐらいでした。
 『坪いくら?』と良く聞かれるが、規格化していない、御施主様の希望に合った家作りを考えると、一眼には答える事が出来ません。単価というのは選ばれるものによりいくらでも変わります。
 木材代金で20分の1から5分の1ぐらいまで差がある現状。限界に挑戦する家づくりではなく、安心できる家づくりを願います。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Percocet.
Percocet dependency. Percocet. Long term use of percocet. Buy percocet online. Canadian prescriptions and percocet. Percocet and nightmares. ...続きを見る
How long is percocet...
2008/10/31 09:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家1棟にかかる木材の代金は? 孫と木の家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる